虫歯と歯周病の違い

*
口腔洗浄器 > 虫歯と歯周病の違い

虫歯と歯周病の違い


虫歯も歯周病も歯がダメになる病気であることは共通していますが、決定的な違いがあります。虫歯は、口腔内の細菌が歯の表面や歯と歯の隙間に付着した食べ物のカスなどから作った酸によって歯が欠損していく病気です。いっぽうの歯周病は歯を支えている骨が解けていく病気。しかも、歯周病菌が出す毒素が血管を通って心臓や脳の近くに集まることで動脈硬化を引き起こす可能性があるという大変恐ろしい病気なんです。


虫歯や歯周病の予防のためには歯磨きが一番重要ですが、ブラッシングだけでは奥歯や歯と歯の隙間にどうしても磨き残しがでてしまい、予防方法としては歯磨きだけでは不充分。このために気が付かないうちに歯周病が進行してしまうことも多くなっています。


そこで、虫歯予防や歯周病予防のために歯間ブラシデンタルフロス を使う人も多くなってきました。しかし、歯並びなどの問題により、歯間ブラシやデンタルフロスが使いにくいと感じる人もいます。


特にそんな人たちの間で注目を集めているのが口腔洗浄器 。口腔洗浄器は水と空気を高い圧力で噴射することで歯の表面や歯と歯の隙間や歯周ポケットなどにつまった汚れをキレイに洗浄します。手軽に使えて使用後は爽快感もあるので、虫歯予防や歯周病予防として口腔洗浄器が注目を集めています。


当サイトおススメの口腔洗浄器はこちらで確認 >>>